初めてのパソコンとワイマックス

初めてのパソコンってワクワクしますよね!私が初めてパソコンを購入してもらったのは中学3年生の時でした。

 

凄く嬉しくて大切に大切に利用していたのを今でも覚えています。

 

とはいっても当時のネット環境というのは最悪で電話回線と繋がっていました。
私がネットをやっている間は電話が使えないというもので、ネット代=電話料金に直結してしまうものでした。

 

その為、電話料金がとてもかかってしまい、親に使いすぎて怒られたのを覚えています(笑)それが今では一定の料金になり、ついにはWimaxという便利なものまで出るようになりました。
我が家もあの頃に比べればかなりネット代も安くなり、パソコンも2台利用するほどになっていました。

 

今は私の子供が初めて自分のパソコンを購入してもらい喜ぶ番なんですよね。

 

まだまだ先の話ですが、あの嬉しさは忘れられないものです。
それに、今よりもネット環境がさらに良くなる可能性もありますよね♪今から楽しみです!

おでんだね安かったけど値段に不満

スーパーでおいしそうなおでんだねが売っていたんです。
エビのさつまあげとか、たこのしんじょう風とか、いつも作るおでんには入れないようなものだったから、入れて作って見たいなと思いました。
でも、その商品を見たときは、冷蔵庫の残りや昨日残ったものを考えると、今日おでんは無理だなと思ってあきらめたんです。
それで、きのうスーパーに行ってみたんです。
そのスーパーは朝から営業しているので、他の用事の前にちょっと覗いてみたら、いいなと思っていたおでんだねが
消費期限が近くなって割引になって売っていたんです。
元の値段が298円で、今日見たら198円になってました。これは買うしかないでしょ、と思ったけど、
用事で出かけるところだったのでそのときは買えなかったんです。
後ろ髪引かれる思いでスーパーを出て、用事を済ませてすぐに戻りました。
おでんだねはまだ残っていて良かったと思ったら、198円だった値段が230円に値上がりしてたんです。
最初、自分の目を疑いましたよね。朝見たのは見間違いだったんだろうかって。
でも、確かに198円だったのに、今は230円。なんでって思いました。
それをお店の店員さんに聞けるほどの度胸もないので、
朝見た値段は張り間違えだったのかなということで納得することにしました。
たった32円の差かもしれないけど、朝買っておけば198円だったのとか思って、モヤモヤしてしまいます。
作ったおでんは想像通りおいしかったんですけどね。

これが、198円だったらもっとおいしかったかもとか思ってしまって。私って、小さいな!


多額の借金から闇金解決

闇金に手を出してしまうパターンの一つに、多額の借金をすでにしてしまっていてといったケースがあります。

 

あまりに多額の借金をしてしまうと、その人に貸せる総額が法律で決まっているせいでそれ以上借りることはできなくなります。
しかし、必要な金銭はそう簡単に変わるものではなく、ただ返済額だけが最後に残ってきます。

 

そうなってしまえばあとは闇金に頼るしかなくなる流れでつい足を踏み入れてしまうと言ったことになります。

 

闇金解決が必要となる人の中にはこういった問題を抱えている人はたくさんいて、結局いまある闇金とのトラブルが消えても、またそれを繰り返してしまう可能性が残ってしまうことなのです。
債務整理も多額の借金と同じように、信用情報に乗ってしまうことになります。

 

そうなってしまえば、ブラックのように普通の消費者金融や銀行からでは借りることができなくなります。

 

そうなれば必然的に闇金を利用するしかなくなる状況にもなってしまいます。

 

それを回避するには、どうすればその状況を打開できるのかをしっかりと弁護士に相談しておくことでが妥当なのです。

新・旭川刑務所の独房

こんにちは。先日早朝のニュース番組を見ていたら、北海道の新・旭川刑務所の独房内が公開されていました。
四畳半の細長い部屋の中には、シングルベットと小さな洗面所、トイレ、備え付けのお洒落な木製の棚、
16型くらいの液晶テレビがありました。
小さな窓からは明るい陽光が入り、とても居心地が良さそうでした。
綺麗に掃除されていて、とても清潔感がありました。最初見た時、普通の賃貸物件の紹介かと思いました。
正直私の住んでいる部屋と、さほど変わらないですね。

 

食事は白いトレイの上にラーメンとおかずが三品乗っていました。
結構ボリュームがあって、栄養のバランスも摂れていておいしそうでしたよ。
取材をしたテレビリポーターが、ラーメンを美味しそうに試食しているのを見て、私も食べてみたいなと思いました。
お正月にはおせち料理も出ると言うことなので、受刑者達は凄く楽しみなのではないでしょうか。
それと小さな診察室もあり、具合が悪くなったら直ぐに診てもらえるなんて、羨ましいです。
後は工場もありました。
何を作っているのかは紹介されていませんでしたが、
刑務所から出たら直ぐに社会復帰が出来るような環境に整えられていました。

 

今までの狭い、暗い、汚い、臭いという刑務所の独房内のイメージが覆されました。
受刑者たちは、毎日こんなに恵まれた環境の中で生活をしていたのですね。
これを見て自分も刑務所の中で生活をしたいと、本気で願う人が増えないでほしいと思いました。


更新履歴